天気はますます良くなって

ハロプロとジャニーズが生きる糧

好きなアイドルが24時間テレビのパーソナリティーになりました。

 

 

 

 

私の好きなアイドルが、24時間テレビのパーソナリティーになりました。

 

5人組アイドルの、Sexy Zoneというグループです。

 

私より4つ上と、3つ上と、1つ上と、同い年と、2つ下のメンバーがいます。

 

 

 

 

私は、その番組のことが好きではありません。

 

正確に言えば、その番組のような形のみが受容される日本が好きではありません。

 

もしくは、その形のみを受容させようとする人々が好きではありません。

 

 

 

 

物事を知る機会を与えてくれる、年に一度の機会だと言われます。

 

でも、その機会なら一年中転がっています。

 

それを平等に教えてくれる機会は、年に一度もありません。

 

 

 

 

私は、ヘンリー・ダーガーという人物が好きです。

 

「にわか」ではあるけれど、その絵の圧力には惹かれます。

 

彼の生涯は、きっと今年もその番組には出てきません。

 

 

 

 

私は最近、ジェローム・ベルという人物を知りました。

 

本音を言えば、彼の考えに100%は賛同できません。

 

でも彼の作品を見たら世界が変わるのではないかと、どこかで期待してもいます。

 

 

 

 

私は今まで、福祉や医療をまともに勉強してきませんでした。

 

だからきっと、正しい理解はできていません。

 

それでも彼らとの出会いで、自分の眼鏡の種類が増えたと思っています。

 

 

 

 

人間は誰しも眼鏡でしか世界を見れない、と聞いたことがあります。

 

透明な世界を見ることはできないと、その人は言っていました。

 

透明な世界に近づく努力ならできると、その人は言っていました。

 

 

 

 

私の考えていることも、私の眼鏡でしか見えていないとわかっています。

 

それでもやっぱり、今はもやもやしています。

 

のしっかりついた眼鏡が、好きなアイドルに渡されてしまった気がするからです。

 

 

 

 

私がジャニーズを好きになって、3回目の夏がやってきます。

 

去年までも今年も、勝手に悲しい気持ちになっています。

 

それも所詮、エゴなのかもしれません。

 

 

 

 

24時間テレビは、遠い世界のお話のように思っていました。

 

今年のメインパーソナリティーには、同い年や年下の子が選ばれています。

 

不思議なもので、他人事には思えなくなりました。

 

 

 

 

彼らが今かけようとしている眼鏡も、眼鏡の一つには違いありません。

 

私も今年は、彼らと一緒にその眼鏡をかけてみます。

 

いろいろな眼鏡を試さないと、透明の基準もわからないと思います。

 

 

 

いや、そう思い込んでみようと思っています。

 

それで透明の基準がわかったら、愛の答えなんて1年でわかるでしょう。

 

私が好きなものまで嫌いにならないために、そう考えてみます。

 

 

 

 

私の大好きな、Sexy Zoneの5人へ。

 

私のことをきっと、歪んでるなと思うでしょう。

 

それでもどうか、この夏も好きでいさせてください。

 

 

 

 

 

中島健人くん、菊池風磨くん、佐藤勝利くん、松島聡くん、マリウス葉くん、

 

24時間テレビ、頑張ってね。

 

私はあなたたちのことを、愛しています。